あなたのiPhoneには、あなたが知っていれば使用できる隠されたタッチジェスチャーやショートカットが満載です。 あなたはすでにこれらのいくつかを発見したかもしれませんが、アップルは常に新しいジェスチャーを追加しています。 ここに私たちのお気に入りの10があります。

トップにスクロールするには、メニューバーをタップします

関連:すべてのiPadユーザーが知っておくべき8つのナビゲーショントリック

実際にはどのアプリでも、画面の上部にあるメニューバー(時間のあるバー)をタップして、現在のドキュメントまたはリストの上部にスクロールできます。 たとえば、SafariでWebページを下にスクロールして、すぐに一番上にスクロールしたい場合は、画面の一番上にあるメニューバーをタップします。 すぐにページの先頭に戻ります。

Safariの新しいタブボタンを長押しして閉じたタブを再度開く

iPhoneに含まれているSafariブラウザを使用すると、以前に閉じたタブを再び開くことができます。 この機能を見つけるには、Safariアプリの右下にあるボタンをタップして、開いているタブを表示します。 新しいタブボタンを長押しすると、再び開くことができる閉じたタブのリストが表示されます。

3D Touchでテキストカーソルを移動する

関連:3Dタッチとは何ですか、なぜモバイルデバイスの使用方法が変わるのか

筆圧感知3Dタッチ機能を備えたiPhoneを使用している場合、何かを入力しているときにテキスト入力カーソルを簡単に移動できます。 キーボードを開いた状態で、スペースバーを強く押します。 キーボードのキーが空白になり、カーソルが表示されます。 指を左または右に動かすと、カーソルが移動します。 指を離してカーソルの位置を設定します。

注:iOS 12以降、これは3Dタッチのない携帯電話を含むすべての携帯電話で有効になっているはずです。スペースバーを長押ししてアクティブにすると、まったく同じように機能します。

これは、iPhoneのデフォルトのキーボードと一部のサードパーティ製キーボードで動作します。これは、キーボードの開発者がこの機能のサポートを追加したかどうかによって異なります。 たとえば、このトリックはGoogleのGboardキーボードでも機能します。

「到達可能性」のホームボタンをダブルタップします

関連:片手であらゆるものに到達するのに役立つiPhoneショートカット

iPhoneおよびiPhone Plusを含むがiPhone SE以前の古いiPhoneを含まない、より大きなiPhoneでは、ホームボタンを2回タップして(押さずに)、「到達可能性」モードに入ることができます。 iPhoneの画面のすべてのコンテンツがディスプレイに表示されるため、片手でiPhoneを使用しているときに画面上部のボタンを押すのがはるかに簡単になります。 到達可能性モードを終了するには、ホームボタンをもう一度ダブルタップします。

これは、iPhoneのホームボタンを2回押してアプリスイッチャーを起動するのとは異なります。

音楽とポッドキャストのスクラブ速度を変更する

音楽やポッドキャストを再生するときは、トラックをさまざまな速度で「スクラブ」したい場合があります。 これを行うには、進行状況バーに指を触れて、指を画面上で上下に動かし、バーから離します。 指を離さずに、指を左または右に動かしてファイルを前後にスクロールします。 指がプログレスバーからどれだけ離れているかに応じて、通常バーに触れている場合よりも速い速度または遅い速度でファイルをスクラブします。 コツをつかむために自分で試してみる必要がありますが、これによりはるかに正確な制御が可能になります。

これは、含まれているミュージックアプリとポッドキャストアプリで機能し、コントロールセンターに表示されるオーディオ再生アプリでも機能します。 再生コントロールを備えた他のアプリでも機能する可能性があります。アプリのデベロッパーがこの機能を追加したかどうかによって異なります。

3D Touchを使用してアプリをすばやく切り替える

筆圧感知3DタッチのiPhoneをお持ちの場合は、ホームボタンを2回押すことなく、アプリを変更してアプリスイッチャーを起動する方法があります。 iPhoneの画面の左端を強く押し、指を画面の右側に移動して、現在のアプリ(またはホーム画面)をスワイプして、以前に使用していたアプリに移動します。 このプロセスを繰り返して、複数のアプリに戻ることができます。

画面の左側を強く押して、右端ではなく画面の中央に指を移動することもできます。 指を離すと、アプリスイッチャーが表示され、これまで使用していたアプリをスクロールして、任意のアプリをタップしてそこに移動できます。

ホーム画面を下にスワイプして検索

関連:iPhoneまたはiPadでSpotlight検索を使用する方法

アプリなどを探している場合、Spotlight検索にアクセスするために左端までスクロールする必要はありません。 ホーム画面のいずれかで、画面のどこかに指を押して、指を下に動かします。 Spotlight検索インターフェイスが表示され、入力を開始して、アプリやその他のものをすばやく検索できます。

長押しして特殊文字や記号を入力する

アクセント付きの文字を入力したり、あまり一般的でない記号を挿入したりする必要がある場合は、デフォルトのキーボードを使用してすばやく行うことができます。 関連する文字、数字、または記号を長押しするだけで、入力できる文字がさらに表示されます。

たとえば、アクセント付きのeを入力する場合は、キーボードの「e」キーを長押しし、入力する文字に指を移動して指を離します。 外貨記号を入力する場合は、「$」キーを長押しし、入力する記号まで指を動かして指を離します。

スワイプして前後に閲覧

Safariでブラウジングするときに、戻るまたは進むためにツールバーの戻るボタンと進むボタンをタップする必要はありません。 代わりに、画面の左端をタッチして右にスワイプして戻るか、画面の右端をタッチして左にスワイプして先に進みます。

シェイクして元に戻す

関連:iOS 9でシェイクして元に戻す機能を無効にする方法

最近の入力を取り消す場合は、スマートフォンを物理的に振ると、多くのアプリケーションで最近入力したものを取り消すように求められます。 これはApple独自のアプリで動作し、メッセージとMail to Notes、カレンダー、Safariの形式です。 多分それは、エッチ・ア・スケッチに触発され、それを振ることで画面をクリアすることができます。 誤ってスマートフォンを振っている場合は、この機能を無効にできます。

他の開発者は、あなたが物理的にあなたの電話を振っているなら、あなたがイライラしているとはっきりと思います。 そのため、Googleマップアプリでスマートフォンを振ると、マップのエクスペリエンスに関するフィードバックを送信するように求められます。 他のアプリには、スマートフォンを振るとアクティブになる同様の機能がある場合があります。

iPadをお持ちの場合は、iPad固有のマルチタスクとナビゲーションのショートカットもかなりあります。