画像

Ubuntu Software Centerは堅固で使いやすいアプリケーションですが、場合によってはより多くのパワーが必要になります。 Synapticパッケージマネージャー(以前はデフォルトでUbuntuに含まれていました)は、Ubuntu Software Centerができない多くのことを実行できます。

Ubuntu Software CenterからSynapticをインストールできます。Synapticを検索してください。 ターミナルからこれらすべての操作を実行することもできますが、パッケージを管理するための強力なグラフィカルアプリケーションが必要な場合は、Synapticを使用することはできません。

リポジトリごとのパッケージの表示

システムでPPA(または他のサードパーティソフトウェアリポジトリ)を使用している場合、どのPPAがどのソフトウェアを提供しているかを正確に確認すると便利です。 Ubuntu Software Centerにはこの情報は表示されませんが、SynapticのOriginセクションを使用して、ソフトウェアリポジトリで分類されたパッケージを表示できます。

画像

手動でインストールしたソフトウェアを表示する

リポジトリからのものではないパッケージ(たとえば、DEBファイルを自分でダウンロードしてインストールしたパッケージ)を表示することもできます。[Origin]セクションで[Local]を選択します。

画像

パッケージのダウングレードとパッケージバージョンのロック

Synapticを使用すると、パッケージの特定のバージョンをインストールし、適切にロックして、自動的にアップグレードされないようにすることができます。 このプロセスについては、以前に詳しく説明しました。

画像

インストール済みファイルを参照

システムにパッケージがインストールされているファイルとその場所を知りたい場合は、Synapticでパッケージを右クリックして[プロパティ]を選択し、[インストールされたファイル]タブをクリックします。

画像

パッケージ情報を表示

プロパティダイアログから、インストールされたサイズ、メンテナ、依存関係など、パッケージに関するその他の情報を確認することもできます。

画像

変更ログをダウンロード

パッケージの変更ログを表示し、パッケージの新しいバージョンで行われた変更を確認するには、Synapticでパッケージを選択し、[パッケージ]メニューをクリックして、[変更ログのダウンロード]を選択します。

画像

自動的にインストールされたソフトウェアを削除する

一部のパッケージは、パッケージをインストールすると自動的にインストールされます。これらのパッケージは、他のパッケージが機能する必要があるため、依存関係と呼ばれます。 場合によっては、依存関係を必要とするパッケージを削除した後でも、依存関係がインストールされたままになることがあります。 これらの依存関係は、不要になると「自動リムーバブル」としてマークされます。「ステータス」タブを選択して「インストール済み(自動リムーバブル)」をクリックすると、自動リムーバブルパッケージを表示できます。 ここから、これらすべてのパッケージを簡単に削除できます。

画像

パッケージダウンロードスクリプトの生成

Synapticは、別のシステムにパッケージをすばやくインストールできるパッケージダウンロードスクリプトを生成できます。 シェルスクリプトを生成するには、インストールするパッケージを検索し、通常の方法でインストールする場合と同じように、各パッケージで[インストール用にマーク]オプションを使用します。 パッケージのマークが完了したら、[適用]ボタンをクリックする代わりに、[ファイル]メニューをクリックして[パッケージダウンロードスクリプトの生成]を選択します。 このスクリプトを他のシステムで実行して、マークされたソフトウェアをすばやくインストールできます。

画像

キャッシュされたパッケージファイルを削除する

Synapticは、キャッシュされたパッケージファイルを削除してスペースを解放できます。 デフォルトでは、Ubuntuはダウンロードしたパッケージのコピーを保存します。スペースが少ない場合は、削除することをお勧めします。 これを行うには、Synapticの設定ウィンドウを開き、[ファイル]タブの[キャッシュされたパッケージファイルを削除]ボタンをクリックします。

画像

推奨パッケージをインストールする

Ubuntu Software Centerはデフォルトでパッケージの「推奨」パッケージをインストールしますが、パッケージのメンテナーは一部のパッケージを「推奨」としてマークすることもできます。 これらをSynapticにインストールするには、パッケージを右クリックし、[Mark Suggested for Installation]メニューを使用します。

画像