ソニーのプレイステーション4には、Xbox Oneと同様に音声コマンドがあります。 彼らはそれほど宣伝されていません。 PS4音声コマンドは標準のヘッドセットで動作するため、音声コントロールにKinectが必要なXbox Oneとは異なり、特別なハードウェアは必要ありません。

PlayStation 4は、Xbox Oneほど多くのコマンドを提供していません。 ただし、音声コマンドは、2014年10月にリリースされたPlayStationファームウェアアップデート2.00によって多少改善されました。

音声コマンドを有効にする方法

音声コマンドは、次の2つの方法のいずれかで発行できます。

  • PlayStationカメラの場合:PS4用のオプションのPlayStation Cameraアクセサリーをお持ちの場合は、大声で話したり、カメラのマイクから音声コマンドを発行したりできます。 ヘッドセットを介して:ヘッドセットをPS4のコントローラーのオーディオジャックに接続し、音声コマンドをヘッドセットに読み込めます。 PS4に含まれている基本的なモノラルヘッドセットは、これで問題なく動作します。 ただし、マイク付きの別のヘッドセット、ワイヤレスBluetoothヘッドセットを使用することもできます。 ヘッドセットとマイクをPlayStation 4に接続できる限り、どのように操作しても問題ありません。

これをテストする前に、音声コマンドがPS4で有効になっていることを確認する必要もあります。 これを行うには、[設定]> [システム]> [音声操作設定]に移動し、[PS4を音声で操作する]オプションが有効になっていることを確認します。

PS4にコマンドをリッスンさせる方法

音声コマンドの発行を開始するには、「PlayStation」と大声で話します。 約1秒後、マイクが画面に表示されます。 これは、音声コマンドを話すことができることを示しています。 PS4は10秒間リスニングします。その時間内に何も言わないと、リスニングが停止します。

コントローラの「L2」ボタンを押して、PS4に音声コマンドのリスニングを開始させることもできますが、これはホーム画面にいるときのみ機能します。

「PlayStation」と言った後、少しの間一時停止する必要があります。一時停止しないと、単に「PlayStation [command]」と言うことはできません。そうしないと、コマンドが聞こえません。

近くに周囲の雑音が多い場合、PS4はあなたの聴覚に問題がある可能性があります。 また、ソフトウェアがあなたを理解できない場合は、ゆっくり話す必要があります。 パーティーでオンラインでボイスチャットしている間は、音声コマンドはまったく機能しません。

使用できるさまざまなコマンド

PlayStation 4がコマンドをリッスンすると、どこからでもいくつかのコマンドを話すことができます。

  • スクリーンショットを撮る:スクリーンショットを保存します。 ビデオクリップの開始:録画を開始し、次の15分のゲームプレイを保存します。 PS4が10分のクリップなどの短いゲームプレイクリップを記録するように設定している場合は、代わりに短いクリップが記録されます。 ビデオクリップの保存:ゲームプレイの最後の15分間をビデオクリップに保存します。 PS4が短いゲームプレイクリップを記録するように設定している場合、代わりに短いクリップが記録されます。 ブロードキャストを開始:ゲームプレイのブロードキャストを開始します。 ブロードキャストの停止:ゲームプレイのブロードキャストを停止します。 ホーム画面:PS4のホーム画面に戻ります。 すべてのコマンド:現在の画面に使用可能な音声コマンドを表示します。 少ないコマンド:使用可能なコマンドのリストを非表示にします。
  • ログイン:[ユーザーの切り替え]画面に移動します。 ユーザー#:ユーザーの切り替え画面でユーザーを選択します。 たとえば、「ユーザー1」はリストの最初のユーザーを選択し、「ユーザー2」はリストの2番目のユーザーを選択します。 はい:画面の確認プロンプトに同意します。 キャンセル:画面の確認プロンプトでキャンセルします。 戻る:前の画面に戻ります。 ゲームに戻る:現在アクティブなゲームに戻ります。

関連:PlayStation 4で「休息モード」を使用するべきですか、それともオフにするべきですか?

  • PlayStation Storeを起動します。PlayStationStoreを開きます。 通知の開始:通知画面を開きます。 友達を開始:友達画面を開きます。 メッセージの開始:メッセージ画面を開きます。 パーティーを開始:パーティー画面を開きます。 プロファイルの開始:プロファイル画面を開きます。 トロフィーを開始:トロフィー画面を開きます。 設定の開始:設定画面を開きます。 電源を入れる:電源画面を開きます。 休憩モードに入ります:PS4を休憩モードにします。 これは、電源メニュー画面からのみ機能します。 PS4の電源を切る:PS4の電源を切ります。 これは、電源メニュー画面からのみ機能します。

PS4のホーム画面で次の音声コマンドを読み上げる必要があります。

  • [ゲーム名]または[アプリ名]:名前を言うだけでゲームまたはアプリを選択します。 たとえば、「Amazon」と発声してAmazon Instant Videoアプリを選択できます。 これは、ゲームまたはアプリがすでにインストールされている場合にのみ機能します。 これは組み込みアプリでも機能します。たとえば、「インターネットブラウザー」と発声してインターネットブラウザーアプリを選択できます。 開始:現在選択されているゲームまたはアプリケーションを開始します。 新着情報:新着情報セクションに移動します。 ライブラリ:[ライブラリ]セクションに移動します。 テレビとビデオ:[テレビとビデオ]セクションに移動します。

たとえば、現在Amazon Instant Videoを使用していて、Netflixアプリの使用を開始したいとします。 これを行うには、「プレイステーション、ホーム画面、Netflix、開始、はい」と言います。 この一連のコマンドにより、PS4はリッスンを開始し、ホーム画面に移動し、Netflixアプリを選択し、PS4に起動を指示し、現在のアプリを閉じてこれを行うことに同意します。

残念ながら、Xbox Oneの「Xbox、On」コマンドのように、プレイステーションをレストモードから音声でオンにする方法はありません。 コントローラーのPlayStationボタンまたはコンソールの電源ボタンを押す必要があります。 しかし、それが持っている音声コマンドはまだかなり便利です。