Windows 10のキーボードショートカット

デスクトップに新たに焦点を当てると、デスクトップユーザーに新しいキーボードショートカットがもたらされるので、喜んでください! Windows 10で知っておく必要があるすべての新しいキーボードショートカットを以下に示します。

スナップビューとタスクビューを使用したウィンドウ管理から、仮想デスクトップとコマンドプロンプトまで、Windows 10のキーボードユーザーには多くの新しい利点があります。

一般的な使用のショートカット

Windows 10では、環境の一般的な側面を制御するためのいくつかの新しいショートカットが導入されています。

  • Windows + A:アクションセンターを開きます。 Windows + I:Windows設定を開きます。 Windows + S:Cortanaを開きます。 Windows + C:リスニングモードでCortanaを開きます。

もちろん、これらのすべての操作をマウスで行うこともできますが、その中での楽しみはどこにあるのでしょうか。

ウィンドウスナップのショートカット

windows-10-vertical-snapping-keyboard-shortcuts [4]

関連:Windowsデスクトップでの4つの隠しウィンドウ管理トリック

Windows 10では、Windows 7では「Aero Snap」と呼ばれるスナップのサポートが改善されています。ウィンドウを縦に並べて(横に並べるのではなく、上下に)スナップしたり、ウィンドウを2x2グリッドにスナップしたりできます。

  • ウィンドウ+左:現在のウィンドウを画面の左側にスナップします。 ウィンドウ+右:現在のウィンドウを画面の右側にスナップします。 Windows + Up:現在のウィンドウを画面の上部にスナップします。 Windows + Down:現在のウィンドウを画面の下部にスナップします。

これらのショートカットを組み合わせて、ウィンドウをコーナーにスナップします。 たとえば、Windows + Leftを押してからWindows + Upを押すと、ウィンドウが画面の左上に表示されます。 最初の2つのキーボードショートカットは新しいものではありませんが、2×2スナップ機能を使用する方法は異なります。

もちろんマウスも使用できます。 ウィンドウのタイトルバーを画面の端または隅にドラッグします。 強調表示された領域は、マウスボタンを離したときにウィンドウが停止する場所を示します。

タスクビューとウィンドウ管理のショートカット

タスクビューは、Exposéのようなウィンドウの切り替えと仮想デスクトップを組み合わせた新しいインターフェイスです。MacOS XのMission Controlに似ています。タスクバーの[タスクビュー]ボタンをクリックして開くか、これらのキーボードを使用できます。ショートカット:

  • Windows + Tab:これにより新しいタスクビューインターフェイスが開き、開いたままになります。キーを放すことができます。 現在の仮想デスクトップのウィンドウのみがタスクビューリストに表示され、画面の下部にある仮想デスクトップスイッチャーを使用して仮想デスクトップを切り替えることができます。 Alt + Tab:これは新しいキーボードショートカットではなく、期待どおりに機能します。 Alt + Tabを押すと、開いているウィンドウを切り替えることができます。 Altキーを押したまま、もう一度Tabをタップしてウィンドウを切り替え、Altキーを放して現在のウィンドウを選択します。 Alt + Tabは、新しいタスクビュースタイルの大きなサムネイルを使用するようになりました。 Windows + Tabとは異なり、Alt + Tabを使用すると、すべての仮想デスクトップで開いているウィンドウを切り替えることができます。 Ctrl + Alt + Tab:これはAlt + Tabと同じように機能しますが、Altキーを押す必要はありません。すべてのキーを離しても、ウィンドウのサムネイルが画面に表示されたままになります。 サムネイル間を移動するには、Tabまたは矢印キーを使用します。 Enterキーを押して現在のサムネイルを選択し、そのウィンドウをアクティブにします。

仮想デスクトップのショートカット

関連:Windows 10で仮想デスクトップを使用する方法

また、仮想デスクトップをすばやく管理するためのキーボードショートカットもあります。

  • Windows + Ctrl + D:新しい仮想デスクトップを作成し、それに切り替えますWindows + Ctrl + F4:現在の仮想デスクトップを閉じます。 Windows + Ctrl +左/右:左または右の仮想デスクトップに切り替えます。

悲しいことに、現在のウィンドウを仮想デスクトップ間で移動するキーの組み合わせはまだありません。 Windows + Shift + Ctrl + Left / Rightについてはどうですか、Microsoftですか。

コマンドプロンプトのショートカット

ctrl-and-shift-keyboard-shortcuts-in-windows-10-command-prompt

関連:CTRL + CおよびCTRL + VでWindows 10コマンドプロンプトをパワーアップする方法

新しいコマンドプロンプトのキーボードショートカットはデフォルトでは有効になっていない可能性があるため、必ずコマンドプロンプトのプロパティウィンドウを開いて、最初に有効にしてください。

コマンドプロンプトでテキストをコピーして貼り付けるためのショートカット

  • Ctrl + VまたはShift + Insert:カーソルにテキストを貼り付けます。 Ctrl + CまたはCtrl + Insert:選択したテキストをクリップボードにコピーします。

コマンドプロンプトでテキストを選択するためのショートカット

関連:ほとんどすべての場所で機能する42以上のテキスト編集キーボードショートカット

テキスト編集用の標準のShiftキーショートカットの多くがコマンドプロンプトで機能するようになりました。 これらのショートカットは次のとおりです。

  • Ctrl + A:行にテキストが含まれている場合、現在の行のすべてのテキストを選択します。 空の行の場合は、コマンドプロンプトですべてのテキストを選択します。 Shift +左/右/上/下:カーソルを文字の左、文字の右、1行上、または1行下に移動し、途中でテキストを選択します。 矢印キーを押し続けて、さらにテキストを選択します。 Ctrl + Shift +左/右:カーソルを1単語左または右に移動し、途中でその単語を選択します。 Shift + Home / End:カーソルを現在の行の最初または最後に移動し、途中でテキストを選択します。 Shift + Page Up / Page Down:カーソルを画面の上または下に移動し、テキストを選択します。 Ctrl + Shift + Home / End:カーソルを「スクリーンバッファー」の先頭または末尾に移動し、カーソルとコマンドプロンプトの出力の先頭または末尾の間のすべてのテキストを選択します。
ctrl-f-to-search-in-command-prompt-on-windows-10

その他のコマンドプロンプトショートカット

  • Ctrl + Up / Down:コマンドプロンプトの履歴で1行上または下に移動します—これはスクロールバーを使用するようなものです。 Ctrl + Page Up / Page Down:コマンドプロンプトの履歴で1ページ上または下に移動します—これはさらにスクロールするようなものです。 Ctrl + M:テキストの選択に役立つ「マークモード」に入ります。 以前は、これを行う唯一の方法は、コマンドプロンプトを右クリックして[マーク]を選択することでした。 新しいShiftキーのショートカットにより、このモードはそれほど重要ではなくなりました。 Ctrl + F:コマンドプロンプトの出力を検索するための検索ダイアログを開きます。 Alt + F4:コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

マイクロソフトは、Windows 10の開発を継続するにつれて、さらに多くのキーボードショートカットを追加することを期待しています。さらに多くのWindowsキーボードショートカットが必要な場合は、次のように対応します。


  • Windowsタスクバーで最も便利なキーボードショートカットWindows PCで最も重要な20のキーボードショートカット20知らないかもしれないWindowsキーボードショートカット34 Windowsコマンドプロンプトで便利なキーボードショートカット

画像クレジット:FlickrのNIコーラ