cmds_top

Windowsコマンドプロンプトを頻繁に使用していても、サポートされている便利なキーボードショートカットの数に驚くかもしれません。 それらを使用して、テキストの選択と操作から、すでに入力したコマンドの繰り返しまで、すべてを合理化できます。 そして、私たちはあなたのための完全なリストを持っています。

コマンドプロンプトはWindowsの強力なツールであり、他の方法では取得できないあらゆる種類の便利なコマンドにアクセスできます。 Windowsコマンドプロンプトは、その性質上、キーボードの多くの使用に依存しており、便利なショートカットが付属しています。 これらのショートカットのほとんどは、コマンドプロンプトの初期の頃から存在しています。 一部はWindows 10の新機能であり(特にCtrlキーを使用するものの一部)、それらを使用する前に有効にする必要があります。 それが終わったら、指一杯のキーボードの怒りを解き放つ準備ができています。

関連:あなたが知っておくべき10の便利なWindowsコマンド

コマンドプロンプトを起動および閉じるためのショートカット

cmds_1

Windowsには、実際にはコマンドプロンプトを開く方法がいくつかあります。 次のリストは、キーボードだけでコマンドプロンプトを開いたり閉じたりする方法の一部を示しています。

  • Windows(またはWindows + R)と入力してから「cmd」と入力します。コマンドプロンプトを通常モードで実行します。 Win + Xを押してからCを押す:通常モードでコマンドプロンプトを実行します。 (Windows 10の新機能)Win + Xを押してからA:管理者特権でコマンドプロンプトを実行します。 (Windows 10の新機能)Alt + F4(またはプロンプトで「exit」と入力):コマンドプロンプトを閉じます。 Alt + Enter:全画面モードとウィンドウモードを切り替えます。

コマンドプロンプトを開くこれらの方法はどれでも機能しますが、管理者特権で開くことに慣れることをお勧めします。 使用する興味深いコマンドのほとんどは、とにかくそれを必要とします。

注:Windows + X(パワーユーザー)メニューにコマンドプロンプトではなくPowerShellが表示されている場合、それはWindows 10のクリエーターアップデートに付属しているスイッチです。パワーユーザーにコマンドプロンプトを表示するように切り替えるのは非常に簡単です。または、PowerShellを試してみることができます。 PowerShellでは、コマンドプロンプトで実行できることのほとんどすべてに加えて、他の多くの便利なことを実行できます。

関連:コマンドプロンプトをWindows + X Power Usersメニューに戻す方法

移動するためのショートカット

いつでもマウスでクリックして、コマンドプロンプトの任意の場所にカーソルを置くことができます。 ただし、キーを手元に置いておきたい場合は、移動するための次のショートカットを使用できます。

  • Home / End:カーソルを現在の行の最初または最後に(それぞれ)移動します。 Ctrl +左/右矢印:挿入ポイントを現在の行の前または次の単語(それぞれ)の先頭に移動します。 Ctrl +上/下矢印:挿入ポイントを移動せずにページを上下にスクロールします。 Ctrl + M:マークモードを開始または終了します。 マークモードでは、4つの矢印キーをすべて使用してカーソルをウィンドウ内で移動できます。 マークモードがオンかオフかに関係なく、左矢印キーと右矢印キーを使用して、現在の行でカーソルを左または右に移動できることに注意してください。

キーボードの操作に慣れたら、マウスに切り替えてから元に戻すよりも速く感じるかもしれません。

テキストを選択するためのショートカット

cmds_2

テキストはコマンドプロンプトの通貨であるため、画面上のテキストを選択するために使用できるあらゆる種類のキーボードショートカットがあることを知って驚くことはありません。 さまざまなショートカットを使用して、テキスト、文字、単語、行、または画面全体を一度に選択できます。

  • Ctrl + A:現在の行のすべてのテキストを選択します。 もう一度Ctrl + Aを押して、CMDバッファー内のすべてのテキストを選択します。 Shift +左矢印/右矢印:現在の選択範囲を1文字左または右に拡張します。 Shift + Ctrl +左矢印/右矢印:現在の選択範囲を1単語左または右に拡張します。 Shift +上矢印/下矢印:現在の選択範囲を1行上または下に拡張します。 選択範囲は、現在の行の挿入ポイントの位置と同じように、前または次の行の位置まで拡張されます。 Shift + Home:現在の選択をコマンドの先頭まで拡張します。 もう一度Shift + Homeを押して、パス(例:C:\ Windows \ system32)を選択に含めます。 Shift + End:現在の選択を現在の行の終わりまで拡張します。 Ctrl + Shift + Home / End:現在の選択範囲を(それぞれ)画面バッファーの最初または最後まで拡張します。 Shift + Page Up / Page Down:現在の選択を1ページ上または下に拡張します。

マウスを使用してテキストを選択するだけの場合は、覚えておくと多くのように思えるかもしれません。明らかに、あなたにとって最適な方法が、正しい方法です。 しかし、キーボードショートカットに慣れるのに少し時間をかけると、毎回マウスを使用するよりも実際に簡単であることがわかるでしょう。

テキストを操作するためのショートカット

cmds_3

テキストを選択したら、選択した内容を操作できるようにする必要があるのは当然です。 次のコマンドを使用すると、選択範囲を簡単にコピー、貼り付け、および削除できます。

  • Ctrl + C(またはCtrl + Insert):現在選択されているテキストをコピーします。 これは、テキストを選択した場合にのみ機能することに注意してください。 そうしない場合、Ctrl + Cは現在のコマンドを中止します(これについては少し後で説明します)。 F2を押してから文字:挿入ポイントの右側から、入力した文字までテキストをコピーします。 Ctrl + V(またはShift + Insert):クリップボードからテキストを貼り付けます。 バックスペース:挿入ポイントの左側の文字を削除します。 Ctrl + Backspace:挿入ポイントの左側にある単語を削除します。 タブ:フォルダー名をオートコンプリート。 エスケープ:現在のテキスト行を削除します。 挿入:挿入モードを切り替えます。 挿入モードがオンの場合、入力したものはすべて現在の場所に挿入されます。 オフになっていると、入力した内容によって既存の内容が上書きされます。 Ctrl + Home / End:挿入ポイントから現在の行の最初または最後までのテキストを削除します。 Ctrl + Z:行の終わりを示します。 その行のそのポイントの後に入力したテキストは無視されます。

明らかに、コピーと貼り付けのショートカットは、Windows 10で最も歓迎される追加機能です。ただし、うまくいけば、他の機能をうまく活用できます。

コマンド履歴を操作するためのショートカット

最後に、コマンドプロンプトは、現在のセッションを開始してから入力したすべてのコマンドの履歴を保持します。 以前のコマンドにアクセスして、少しタイプする手間を省くのは簡単です。

  • F3:前のコマンドを繰り返します。 上/下矢印:後方にスクロールして、現在のセッションで入力した前のコマンドを前方にスクロールします。 上矢印キーの代わりにF5キーを押して、コマンド履歴を後方にスクロールすることもできます。 右矢印(またはF1):前のコマンドを1文字ずつ再作成します。 F7:以前のコマンドの履歴を表示します。 上/下矢印キーを使用してコマンドを選択し、Enterキーを押してコマンドを実行できます。 Alt + F7:コマンド履歴をクリアします。 F8:コマンド履歴を後方に移動して、現在のコマンドと一致するコマンドに移動します。 これは、何度か使用したコマンドの一部を入力してから、履歴をスクロールバックして、繰り返したい正確なコマンドを見つける場合に便利です。 Ctrl + C:入力している現在の行または現在実行中のコマンドを中止します。 このコマンドは、テキストが選択されていない場合にのみ、入力している行を中止します。 テキストを選択している場合は、代わりにテキストがコピーされます。

そして、それはそれについてです。 コマンドプロンプトを頻繁に使用する場合、これらのキーボードショートカットの多くは、時間を節約し、コマンドの入力ミスの可能性を減らすのに非常に役立ちます。 コマンドプロンプトをたまにしか使用しない場合でも、より簡単に移動するためのいくつかの基本的なショートカットを学ぶことは、時間をかける価値があります。