バナー-01

Ubuntuの新しいUnityは洗練されたインターフェースですが、それらをそのままに保つために物事を削減しました。 実行中のアプリであっても、システムトレイに表示されるアイコンは多くありません。 幸いなことに、簡単な修正があります。

Unityのインターフェースは、まだかなり粗いので、多くのユーザーがGnomeに戻ってきました。 ただし、Unityをまだ使用している場合は、システムトレイに表示されるアプリケーションのシステムトレイアイコンがほとんどないことに気付くでしょう。

前のトレイ

これにより、インターフェースがすっきりしますが、アイコンが必要なアプリはどうなりますか? それらすべてを表示したい場合はどうしますか? これらの問題にはかなり簡単な解決策がありますが、最初に、構成エディターをインストールする必要があります。

変更については、GUIベースのUbuntuソフトウェアセンターを使用します。 それを開き、「dconf」を検索します。

ソフトウェアセンター

「dconf Editor」が表示されます。 ボタンをクリックしてインストールし、プロンプトでパスワードを入力します。

次に、Alt + F2キーの組み合わせを押します。 コマンドの入力を求めるプロンプトが表示されるので、次のように入力します。

dconf-editor
dconfを起動します

Enterキーを押して、dconf構成エディターを起動します。

左側のナビゲーションツリーで、ここに移動します。

デスクトップ> Unity>パネル
構成の場所

(上の画像をクリックすると、拡大版が表示されます。)

「systray-whitelist」という名前のエントリがあることがわかります。 デフォルト値は次のとおりです。

「JavaEmbeddedFrame」、「Mumble」、「Wine」、「Skype」、「hp-systray」、「scp-dbus-service」

これは、これらの括弧の間のかなりスリムなリストであり、より有用なアプリのほとんどはリストされていません。 このリストを拡張するには、コンマ、スペース、アプリの名前を一重引用符で囲みます。 次に例を示します。

「JavaEmbeddedFrame」、「Mumble」、「Wine」、「Skype」、「hp-systray」、「scp-dbus-service」、「shutter」、「easycrypt」

すべてのシステムトレイアイコンを許可するには、文字列全体を 'all'(一重引用符内)に置き換えます。

すべてを許可する構成

これらの設定を有効にするには、ログアウトして再度ログインするだけです。

後トレイ

これが気に入らない場合は、dconf-editorを再度開き、適切なエントリに戻って、右下隅の「デフォルトに設定」ボタンをクリックします。

設定をデフォルトにリセット

Unityは信じられないほど洗練されていませんが、Ubuntuの今後のリリースで必ず変更されるものです。 このような小さな修正は、それまでの間、より使いやすくするのに役立ちます。

Unityが好きですか? 嫌い? それは美学のようですが、それがいかに不完全であるかが嫌いですか? コメントであなたの考えやあなたが持っているかもしれない他の修正を共有してください!