Excelロゴ

支出と収入のスプレッドシートを作成すると、個人の財政を管理するのに役立ちます。 これは、アカウントへの洞察を提供し、主要な経費を追跡する単純なスプレッドシートにすることができます。 これがMicrosoft Excelでの方法です。

簡単なリストを作成する

この例では、各経費と収入に関するいくつかの重要な情報を保存したいだけです。 複雑すぎる必要はありません。 以下は、サンプルデータを含む簡単なリストの例です。

費用と収入のスプレッドシートデータのサンプル

上記のように、複数の行のデータとともに、各経費と収入の形式について保存する情報の列ヘッダーを入力します。 このデータをどのように追跡し、どのように参照するかを考えてください。

このサンプルデータはガイドです。 自分にとって意味のある方法で情報を入力してください。

リストをテーブルとしてフォーマットする

範囲をテーブルとしてフォーマットすると、計算の実行とフォーマットの制御が容易になります。

データのリスト内をクリックして、[挿入]> [テーブル]を選択します。

Excelにテーブルを挿入する

使用するリスト内のデータの範囲を強調表示します。 [テーブルの作成]ウィンドウで範囲が正しいこと、および[マイテーブルにヘッダーがある]チェックボックスがオンになっていることを確認します。 「OK」ボタンをクリックしてテーブルを作成します。

テーブルの範囲を指定します

リストはテーブルとしてフォーマットされます。 デフォルトの青いフォーマットスタイルも適用されます。

テーブルとしてフォーマットされた範囲

さらに行がリストに追加されると、テーブルが自動的に展開され、新しい行にフォーマットが適用されます。

テーブルのフォーマットスタイルを変更する場合は、テーブルを選択し、[テーブルデザイン]ボタンをクリックしてから、テーブルスタイルギャラリーの隅にある[その他]ボタンをクリックします。

リボンのテーブルスタイルギャラリー

これにより、ギャラリーが展開され、選択できるスタイルのリストが表示されます。

独自のスタイルを作成したり、「クリア」ボタンをクリックして現在のスタイルをクリアしたりすることもできます。

テーブルスタイルをクリアする

テーブルに名前を付ける

数式や他のExcel機能で簡単に参照できるように、テーブルに名前を付けます。

これを行うには、テーブル内をクリックして、[テーブルデザイン]ボタンを選択します。 そこから、「Accounts2020」などのわかりやすい名前を「テーブル名」ボックスに入力します。

Excelテーブルに名前を付ける

収入と支出の合計を追加する

データをテーブルとしてフォーマットすると、収入と支出の合計行を簡単に追加できます。

テーブル内をクリックして[テーブルデザイン]を選択し、[合計行]ボックスをオンにします。

リボンの合計行チェックボックス

合計行がテーブルの下部に追加されます。 デフォルトでは、最後の列で計算を実行します。

私の表では、最後の列は経費列なので、これらの値は合計されます。

収入列の合計の計算に使用するセルをクリックし、リストの矢印を選択してから、合計の計算を選択します。

テーブルに合計行を追加する

これで収入と支出の合計があります。

追加する新しい収入または支出がある場合、テーブルの右下隅にある青いサイズ変更ハンドルをクリックしてドラッグします。

追加する行数だけ下にドラッグします。

テーブルをすばやく展開する

合計行の上にある空白行に新しいデータを入力します。 合計は自動的に更新されます。

新しい費用および収入データの行

月別の収入と支出の要約

どのくらいのお金があなたの口座に入ってきて、どれだけあなたが費やしているかの合計を保つことは重要です。 ただし、これらの合計を月ごとにグループ化し、さまざまな経費カテゴリまたはさまざまな種類の経費に費やした金額を確認すると、さらに便利です。

これらの答えを見つけるために、ピボットテーブルを作成できます。

テーブル内をクリックし、[テーブルデザイン]タブを選択して、[ピボットテーブルで集計]を選択します。

ピボットテーブルで要約する

[ピボットテーブルの作成]ウィンドウには、使用するデータとしてテーブルが表示され、ピボットテーブルが新しいワークシートに配置されます。 「OK」ボタンをクリックします。

Excelでピボットテーブルを作成する

左側にピボットテーブルが表示され、右側にフィールドリストが表示されます。

これは、ピボットテーブルを使用して費用と収入を簡単に要約する簡単なデモです。 ピボットテーブルを初めて使用する場合は、この詳細な記事をご覧ください。

月ごとの費用と収入の内訳を表示するには、「日付」列を「行」領域にドラッグし、「入力」列と「出力」列を「値」領域にドラッグします。

列の名前が異なる場合があることに注意してください。

フィールドをドラッグしてピボットテーブルを作成する

「日付」フィールドは自動的に月にグループ化されます。 「入力」および「出力」フィールドは合計されます。

月ごとにグループ化された収入と支出

2番目のピボットテーブルでは、カテゴリごとに費用の概要を表示できます。

「Category」フィールドをクリックして「Rows」にドラッグし、「Out」フィールドをクリックして「Values」にドラッグします。

カテゴリー別総費用

次のピボットテーブルは、費用をカテゴリ別にまとめて作成されています。

カテゴリごとの費用をまとめた2番目のピボットテーブル

収入と支出のピボットテーブルを更新する

新しい行が収入と支出のテーブルに追加されたら、[データ]タブを選択し、[すべて更新]矢印をクリックしてから、[すべて更新]を選択して両方のピボットテーブルを更新します。

すべてのピボットテーブルを更新