パスコードを推測して誰かがiPhoneまたはiPadにアクセスしようとすると、最初はロックされ、試行が失敗するたびに間隔が長くなります。 ただし、10回失敗するとデバイスが完全に消去されるように設定できます。

これは私たち全員が起こり得る状況です。 たとえば、iPhoneをタクシーの後ろに置いたままにしたり、公園のベンチに座っているときにポケットから落下したとします。 疑わしいscruplesを持つ誰かがそれを見つけ、パスコードを推測しようとします。

まず、6桁のパスコードを有効にしている場合、100万通りの組み合わせが可能です(106 = 1,000,000)。 もちろん、コンピューターを使用してこのパスコードを何らかの方法でブルートフォース攻撃する場合、そのパスコードを理解するのに時間がかかりません。 幸いなことに、iOSは時間遅延を採用しており、パスコードの試行に何度も失敗した後、デバイスはそれ自体をロックします。

たとえば、5回失敗すると、iPhoneは1分間ロックされ、6回試行すると5分間ロックされ、7回実行すると15分間ロックされ、それ以上の場合は1時間ロックされます。

偶然のデータ泥棒を思いとどまらせるにはそれで十分かもしれませんが、誰かが幸運になり、別の数回の推測でそれを推測できる可能性は常にあります。そのため、ランダムまたは推測が難しい数を使用する必要があります。 1-1-1-1-1-1や1-2-3-4-5-6のようなものを使用しないでください。

このデバイスは自己破壊に設定されています

別のオプションがあります。10回失敗した後、iPhoneまたはiPadを完全にワイプできます。 (ただし、これを有効にする場合は、必ずバックアップを保持してください。)

このオプションはデフォルトでオフになっています。 オンにするには、まず[設定]を開き、[Touch IDとパスコード]をタップします。

これらの設定にアクセスするには、パスコードを入力する必要があります。

タッチIDとパスコードの設定の一番下までスクロールし、「データの消去」をタップして自己破壊機能を有効にします。

これを有効にした後は、iTunesを使用してデータのローカルバックアップを頻繁に作成することをお勧めします。そうしないと、携帯電話が消去された場合、データが完全に失われます。 また、パスコードを忘れた場合は、カスタムの英数字コードを使用してみてください。

データを消去するオプションをオンにする前にパスコードをメモリにコミットするか、パスコードを別のものに変更するたびに一時的にオフにすることをお勧めします。

関連:iPhoneまたはiPadのパスコードを忘れた場合の対処

あなたがやりたい最後のことは、あなたがあなたのデバイスの貴重なコンテンツを保護していると思っていることです。 パスコードを忘れた場合でも、心配する必要はありません。