OS Xに切り替えた後、何度も何度も発生する大きな問題がありました。MacBookに何かを差し込むたびに、ファイルシステムにDCIMフォルダーがあると、iPhotoがすぐに起動してスキャンを開始します。

関連:なぜすべてのカメラが写真をDCIMフォルダに入れるのですか?

問題は、iPhotoを常に使用したくないということです。つまり、iPhotoを使用して写真をインポートできますが、Minecraft Pocketの保存ファイルをハッキングするなど、他のことを実行しようとしている場合、またはリムーバブルドライブに他のコンテンツがありますか? または、iPhoneまたはiPadを充電したいだけの場合はどうなりますか?

幸い、iPhotoが自動的に起動しないようにするのは本当に簡単です。

iPhotoの自動起動を無効にする

iPhotoを開き、メニューバーから[設定]に移動して、[接続中のカメラが開く]ドロップダウンを確認します。

これをiPhotoから「アプリケーションなし」に変更すると、iPhotoはこれから静かになります。

iPhotoがあなたのビデオをあなたの携帯電話から引き離さないのはとても煩わしいです。 しかし、もちろん、それは別の記事です。

1つのデバイスのみでiPhotoの自動起動を無効にする方法

カメラのメモリカードに対してiPhotoを自動的に起動させたいが、iPhoneを接続するときに起動させたくない場合は、実際にデバイスごとに設定を微調整できます。 画像キャプチャアプリケーションを開くだけです。

左下の隅に小さな矢印が表示されます。クリックして展開する必要がある場合があります。 ここでは、[アプリケーションなし]、[iPhoto]、[プレビュー]など、必要に応じて設定を変更できます。

したがって、iPhoneを「アプリケーションなし」に設定し、メモリカードをデフォルトのままにしておくか、必要に応じてその逆にします。 個人的には、自動起動を全面的にオフにしただけで、もっと簡単に思えました。